技術情報

プローブ(クーポン)計測

1.プローブ(クーポン)電位測定

   埋設管の塗膜抵抗が高抵抗値を示し塗覆装欠陥部が殆ど無い路線では、電気防食の効果を管対地電位で

  管する場合に、通常より多めのIRドロップや地表面電位勾配(S/S)を含んだ値が計測されている と考えられ

  ています。(ON電位)  

   よって誤差値を減少させる為に、プローブ(模擬欠陥)を地中に打ち込み、埋設管と接続し同じ防食状態にし

  てらプローブのOFF電位を計測し、IRドロップの影響を除外した値としております。

 

2.プローブ流入直流電流測定

   プローブに流入する直流電流密度から防食状況の判定が可能となり基準も設定されました。

   プローブの測定概要図を図-1 に示します。

 

 

   

 
図-1 プローブ電位・電流測定概要図
 
 
 
3.プローブ交流電流測定
  プローブを流れる交流電流密度から、埋設管の交流腐食のリスク評価が可能となり基準も設定されました。
  プローブの交流電流測定概要図を図-2 に示します。
 
 
 
               

 

図-2 プローブ交流電流測定概要図

 

 
 
4.基準値の設定・評価
 (1) 一般的には、プローブ(クーポン)の電流密度管理基準値を定めているのは以下の3つであります。
   ①ドイツ工業規格[DIN 50 925]
   ②ISO国際規格[DIS 12954]
   ③国内A社の提案した基準
 (2)弊社ではプローブの大きさも含めて設定・評価致します。
以上