腐食・防食調査情報

腐食・防食関連の調査項目と内容

   腐食および電気防食関連の調査項目と内容について紹介します。                                             

   特に電鉄軌条からの漏れ電流による影響は場所により大きく腐食に作用することがあり、                 

  影響の度合いを調査確認することが肝要です。

 

迷走電流調査  

①電鉄軌条からの迷走電流影響調査

電鉄軌条から1Km以内に埋設鋼構造物の計画がある場合に、迷走電流の有無を確認し電食発生の推定を行う。迷走電流は意図した回路以外を流れる電流で、主に電鉄軌条からの漏れ電流によるものが多い。迷走電流が地中を流れる場合に地中に電位勾配を形成する。この電位勾配を地表面で検出するものである。

土壌抵抗率調査

②土壌抵抗率により腐食程度を評価

土壌抵抗率は腐食と関係している電流に影響する因子の一つであり、土壌抵抗率の測定によって土中埋設物(鋼製)の腐食程度を推定することができる。また、接地抵抗の計算に必要である。

 

腐食調査

③長期間使用した埋設鋼管の鋼面の腐食確認

埋設された塗覆装鋼管が長期間の使用で、塗覆装の経年劣化や他工事による損傷などで、腐食を防止している塗覆装が一部密着不良となると、当該個所で腐食が進行することが考えられる。よって、塗覆装の不良個所を検知し、鋼面の腐食調査を行う。

調査項目は管厚、孔食深さ、腐食面積等である。

 

管内電流調査

④ガス、水道管等を流れる管内電流の測定

管体に検知コイルを取り付け管内を流れる電流を計測する。管内を迷走電流や防食電流がどの程度流れているかにより、防食効果や影響範囲の判断ができる。

 

 

埋設塗覆装鋼管の管体調査

⑤埋設塗覆装鋼管の塗覆装劣化状況確認

埋設後数十年経過した塗覆装鋼管の塗覆装劣化状況、管体の腐食の有無、防食状況の調査を行うものである。塗覆装表面の小石等の食い込みや鋼面との密着状況などを計測する。また、電気防食設備が設置されている場合は電気防食の効果も確認する。

自然電位法

⑥コンクリート中の鉄筋自然電位測定

コンクリート中の鉄筋自然電位を測定することにより鉄筋の腐食の有無が推定できる。測定は「コンクリート構造物における自然電位測定方法(JSCE-E 601-2007)」[土木学会規準]に基づいて行う。照合電極は飽和硫酸銅電極(CSE)を使用する。